ヨガ的処世術

「ヨガ・スートラ」や「バガヴァッド・ギーター」などのヨガ古典をより深く理解する為には、私は「般若心経」「法華経」「聖書」といった、他の古典もあわせて読むことをおすすめします。

「般若心経」には、森羅万象すべて、自分の心も体も全てが空であると説かれています。
空を説く最高の経典といえるでしょう。

次に「法華経」は、本来の自分が真我(永遠の命)をもっているということを教えてくれます。

そして、「聖書」には、随所にすべての人々の命が、永遠の命(真我)であることが説かれています。
イエスキリストが十字架にかけられ、3日後に復活したということが、何より永遠の命の存在を語っています。
そして、すべての人々がイエスキリストと同じ資質をもっていることを説いているのです。

最後に、これらの古典の教えをもとにしたヨガ的処世術を「ゼロ・ヨガ・マネジメント」として紹介します。
自分を空(ゼロ)にするための3つの方法です。

1つ目は、「ゼロ・クリーニング」。

  1. 余分な自分を捨てていく方法です。
  2. 他の為に自分を出し切る(奉仕)
  3. 他に対して自分を低くする(下座)
  4. 自分にはすべてが与えられていると知る(感謝)
  5. 自分の力不足を詫びる(懺悔)

この4つによって、徹底してエゴの土俵である自我意識を否定し、消滅させます。

2つ目は、「ゼロ・バランシング」。
今の状況に逆の刺激を与えることで、心と体にバランスのとれた状態を作ります。
例えば、苦しい時や腹の立つ時ほど笑う、急いでいる時ほど慌てず落ち着いて行う、慣れたことをする時ほど初心の気持ちで丁寧に行う、といったように自分の身に付いた心や体の偏りを是正します。
常にニュートラルな安定した自分を作っていきます。

3つ目は、自分の殻を破って宇宙に同調していく「ゼロ・シンクロナイズィング」です。

  1. 全ての出来事は宇宙からのメッセージと受け止めて、すべてのことに感謝する。
  2. 五感を通して宇宙の存在、命の働きを感じる。
  3. すべての人々やものは、一つの宇宙の根源(ゼロ)につながっていることを瞑想する。

自我意識を消滅させるのは難しいことだと思うかもしれませんが、日常生活の中で、何かをしようとした時に自分の為ではなく相手の為と考えて行えばよいのです。
自分を高めようとするのではなく、相手の為になることをする。
すると自然に自我意識が少なくなってくるはずです。

コメントは受け付けていません。 コラム