ヨガ的処世術

「ヨガ・スートラ」や「バガヴァッド・ギーター」などのヨガ古典をより深く理解する為には、私は「般若心経」「法華経」「聖書」といった、他の古典もあわせて読むことをおすすめします。

「般若心経」には、森羅万象すべて、自分の心も体も全てが空であると説かれています。
空を説く最高の経典といえるでしょう。

次に「法華経」は、本来の自分が真我(永遠の命)をもっているということを教えてくれます。

そして、「聖書」には、随所にすべての人々の命が、永遠の命(真我)であることが説かれています。
イエスキリストが十字架にかけられ、3日後に復活したということが、何より永遠の命の存在を語っています。
そして、すべての人々がイエスキリストと同じ資質をもっていることを説いているのです。

最後に、これらの古典の教えをもとにしたヨガ的処世術を「ゼロ・ヨガ・マネジメント」として紹介します。
自分を空(ゼロ)にするための3つの方法です。

1つ目は、「ゼロ・クリーニング」。

  1. 余分な自分を捨てていく方法です。
  2. 他の為に自分を出し切る(奉仕)
  3. 他に対して自分を低くする(下座)
  4. 自分にはすべてが与えられていると知る(感謝)
  5. 自分の力不足を詫びる(懺悔)

この4つによって、徹底してエゴの土俵である自我意識を否定し、消滅させます。

2つ目は、「ゼロ・バランシング」。
今の状況に逆の刺激を与えることで、心と体にバランスのとれた状態を作ります。
例えば、苦しい時や腹の立つ時ほど笑う、急いでいる時ほど慌てず落ち着いて行う、慣れたことをする時ほど初心の気持ちで丁寧に行う、といったように自分の身に付いた心や体の偏りを是正します。
常にニュートラルな安定した自分を作っていきます。

3つ目は、自分の殻を破って宇宙に同調していく「ゼロ・シンクロナイズィング」です。

  1. 全ての出来事は宇宙からのメッセージと受け止めて、すべてのことに感謝する。
  2. 五感を通して宇宙の存在、命の働きを感じる。
  3. すべての人々やものは、一つの宇宙の根源(ゼロ)につながっていることを瞑想する。

自我意識を消滅させるのは難しいことだと思うかもしれませんが、日常生活の中で、何かをしようとした時に自分の為ではなく相手の為と考えて行えばよいのです。
自分を高めようとするのではなく、相手の為になることをする。
すると自然に自我意識が少なくなってくるはずです。

古典に学ぶ

人間誰しも、「よりよい人生を送りたい」「幸せになりたい」と思うものです。
人は豊かな生活を目指して、文明を発達させてきました。
便利さ、快適さを求めて今日まで発展してきましたが、それだけで現代人は本当の意味で「幸せ」と言えるのでしょうか。

本当の豊かな生き方とは、むしろ便利さや快適さを必要以上に求めるという欲望(自我)から解放されることだと思います。
欲望からの解放は、自分を空にする生き方によって可能になります。
人間関係のトラブルは、なぜ起こるのでしょう。
お互いの自我が表面化して衝突するからです。

一般的な処世術は、「楽に生きる」「幸せになる」「豊かになる」といった自分の欲望を満たす方向に向かい、自我意識を高めることを助長します。
ヨガ的処世術はその反対です。
ヨガでは、「自我意識を捨てる」「欲望から離れる」「執着を断つ」ことを解いています。

自我意識を消滅させ、自分という存在にとらわれずに生きることが、真の生き方につながるというのです。

「ヨガ・スートラ」や「バガヴァッド・ギーター」などのヨガの古典には、そのヒントが宝石のようにちりばめられています。
ヨガ古典に書かれている知恵をひもとき、自分という存在にとらわれない生き方を学んでいきましょう。

AD4世紀頃、賢人パタンジャリによって編纂されたという「ヨガ・スートラ」は、叡智の詰まったヨガの手引書です。
この本では、本当の自分とは、目に見えない真我(プルシャ)であり、その真我を実現することがヨガのゴールであると説いています。
そして、真我の実現のためには自我意識を消滅させなければならないと書いています。

「心の動きが止滅された時には純粋観照者たる真我は自己本来の態にとどまることになる」
(「ヨガ・スートラ」第1章3節)

この一文に、「ヨガ・スートラ」のもっとも言いたいことが込められています。
心の止滅とは欲望や思考のコントロールであり、自己中心的な考え方や生き方から解放してくれる鍵となります。
それにより、絶対的な喜びや幸福を感じることができるのです。

ヒンドゥー教の聖典「バガヴァッド・ギーター」は、戦場に向かう道中で行われるクリシュナ神とアルジュナ王子との問答が中心になっています。
戦いに嫌気がさしているアルジュナ王子に向かって、クリシュナ神はクシャトリア(王族)にとって義務である戦いに立ち向かうことをすすめています。

ここでは、知識の道(ジュニャーナヨガ)、行為の道(カルマヨガ)、献身の道(バクティヨガ)の3つのヨガの道が説かれています。
そして、その中心に、「心の作用を止滅させる」というヨガの道を「行為の世界」においても実現させようとした考えがあります。
つまり、行為の自己否定による「行為の聖化」への道が「行為のヨガ」であり、ギーターの教えの中心と考えられるのです。

そして、クリシュナ神が、「無私になること、自我意識というものを消滅すること」を説いています。
日々の生活の中で、すべての思考、行為が無私をめざして行われるべきだと述べているのです。

「汝が自分中心の執着から生ずる迷妄を克服した時、汝はこれまで聞いた(経験した)こととこれから聞く(経験する)であろうことを区別しない無執着の境地に達するのだ」
(第2章52節)

「クリシュナ神が告げられました。アルジュナよ、心の中にあるすべての欲望を捨て真我が(外界の何ものにも依存せず)自己自身においてのみ満足する時、その人物は不動の知恵が確立した人物(スティタプラジナ)と呼ばれるのである」
(第2章55節)

「すべての欲望を捨てて執着することがなく「私が、私の」という思いもなく行為するものは誰でもが寂静(シャンティ)の境地に達するのだ」
(第2章71節)

自我意識から生じる「欲望」「執着」「とらわれ」をよく観察し、消滅させていくこと。
それにより、日々の人間関係は確実に好転するはずです。
物質ではない真の豊かさ、至福ともいうべき心境を実現していくことができるでしょう。
ホットヨガ 体験

実践あってこその読書

◆「愛と癒しのコミュニオン」鈴木秀子

ワークショップやファシリテーションに関心を持ち、その手法を学んでいた頃に手に取りました。
傾聴という言葉を切り口に、自分自身と、そして周りの人とどう接するかについて書かれています。
目からうろこの内容ばかりで、自分が生きているという事実、そしてその生命は自ずと自分を癒し、切り拓いていく力があると信用できるようになった気がします。
自分との付き合い方や人との接し方に、大きな影響を与えてくれました。

 

◆「禅的生活」玄侑宗久

座禅を始めてから読みました。
私が師から学んだことや座禅接心会での体験、それらを通して感じたことを見事に言い切ってくれていました。
ヨガや瞑想、禅は、好き嫌いという価値判断を超えて自由になり、その上で自分らしく生きてることだと思います。
今そこに起きている体験や生命の素晴らしさを、まじりっけなしに味わう。
すると、否定が自分の世界から少なくなり、自分がどれだけ素晴らしいものに囲まれているか、分かるのです。

 

◆「マインドフルネス ストレス低減法」J・カバットジン

なぜヨガをするのか、なぜ瞑想をするのか、きちんと言葉で説明してくれている本です。
ヨガや瞑想の体験は言葉を超えたところに本質がありますが、その説明が素晴らしい。
ヨガや瞑想の意味を体系的に整理することができました。
本を開くたびに、内容の素晴らしさに感銘を受けます。
特に、「瞑想のゴールは、あなたが「あなた自身として存在する」ようになること」という一文には、私たちが今必要としていることが含まれているように思います。

 

読書は、実践をサポートしてくれるものだと思います。
実践があるからこそ、読書は活きてくる。
知識の習得ばかりだと、自分の体験はこうあるべきだとか、本に書かれている内容が起こらないといけないという既成概念にとらわれてしまう危険性があります。
しかしながら、ヨガで得る体験は人それぞれ違います。
体も、心も違うのですから。
ヨガの実践と自分自身の体験をもっとも大切にし、その理解や体験を深めるために、優れた書を読むとよいのではないでしょうか。

聖者の生き方を知ることは心の勉強になる

◆「インド思想史」中村元

1977年に、ヨーガを学問的に学ぼうと東方学院に通い始めました。
そこで、故・中村元博士から「インド思想史」を学んでいた時のテキストです。
インドの思想史がまとめられており、インドやヨーガの歴史、哲学に関心を持つきっかけとなった本です。
ヴェーダやウパニシャッドなど、断片的だった知識がつながり、ヨーガの哲学や歴史など全体的な流れを理解することができました。
インド思想史の中におけるヨーガの位置を知ることができます。

 

◆「木を植えた人」ジャン・ジオノ

主人公の羊飼いは、カルマヨーギーの理想像だと思います。
「緑を増やそう」と大上段に構えず、見返りを求めず、自分ができる範囲内で淡々と木を植えるという行為を行っている。
結果を考えずに自分のなすべきことをする。
その姿にとても心を打たれました。
孤高の生き方を感じました。
カルマヨーガそのものについて書かれている本だと思います。
私は勉強会などでカルマヨーガの講義をする時は、いつもこの本を生徒たちに紹介しています。

 

◆「シヴァーナンダ・ヨーガ」成瀬貴良

聖者、スヴァーミー・シヴァーナンダの生涯を紹介した本。
シヴァーナンダ師の考えをより多くの人に知ってもらいたい思いました。
「この世は鏡のようなものです。あなたがほほ笑むならば、世の中も微笑み返してくれます。あなたがしかめっ面をするならば、世の中もしかめっ面をするでしょう」
「あなたが何であるかは神からあなたへの贈りものです。あなたが何になるかはあなたから神への贈りものです」など、素晴らしい言葉を残してくれています。

 

ヨーガ実践者に必要なことは、アーサナの実践、ヨーガ哲学などの知識、そして心の勉強だと思います。
特に、読書を通して聖者の生き方や言葉を知ることは、心の勉強に役立ちます。
内面を深める為には、やはりいろいろな本を読むことが大切ですね。
私が今日こうしてあるのは、インドの聖者、スヴァーミー・シヴァーナンダの生き方を知ったからです。
こんなに素晴らしい人が実際にいたのだと、本当に感銘を受けました。
シヴァーナンダ師の言葉は、私にとってすべて金言です。

本によって人生が変わることもあります

◆「生きがいの創造」飯田史彦

昔とても悲しいことがあった直後に出合った本です。
私にとっては、「バガヴァッド・ギーター」に値するほどのバイブル。
この本を読んで、輪廻転生、自分の使命、魂のありかたなどを素直に受け入れられるようになりました。
それからは、おそれや不安を手放し、より楽に生きられるようになりました。

 

◆「いのちの輝き」ロバート・C・フルフォード&ジーン・ストーン

著者のフルフォード博士は医学界の異端児で患者一人に時間をかけない診療を激しく批判し、人間が病気になるメカニズムを肉体的、精神的、霊的に探究した人です。
患者の自然治癒力に働きかけて癒しを提供していたそうです。
この本にはオステオパシーや霊性など、彼のアプローチ方法が書かれています。
私のヨガとヒーリングメソッド、そして、生徒さんとの関わり合いに深い影響を与えてくれました。

 

◆「水と宇宙からのメッセージ」江本勝

ヨガ実践者なら絶対に知っておいた方がよい、水と波動の概念を解説してくれる一冊。
思い(言霊)が波動として水に伝わるということを、水の結晶の写真で示しています。
私はクラスでよく、生徒さんに水の結晶の写真を見てもらいます。
目に見えない波動、しかも自らが発したエネルギー(思い・言霊)によって、自分だけでなくまわりも変えることができるのだ、ということを理解するのにこれほど説得力のある写真はないでしょう。

 

ヨガの生き方を選んだら、もう後戻りはできない、と私は思っています。
そして、自分の生き方を改革していくためには、人間性を豊かにしていくことが大切。

本は、そのためのインスピレーションやイマジネーションを与えてくれる最高の材料ではないでしょうか。
私も本によって人生が変わってしまったことが、しばしばありました。
そして、不思議なことに、自分に必要な本はいつも完璧なタイミングで巡ってくるのです。

読書は豊かな人生のための種を植えてくれる

◆「ヨガ大全」スワミ・ヴィシュヌデヴァナンダ

インドのシヴァナンダ・アシュラムに滞在していた時、英語版をテキスト代わりに持っていました。
「心、時間、空間」の章は、「ヨガ・スートラ」にあるヨガとは心の動きを止滅することであるということについて説明してくれています。
心を制止させようとした瞬間、時間と空間は消失し、心が動き始めると蘇ってくる。
つまり、実際は心と時間と空間はひとつであり、同一のものである。
…心、時間、空間は三角形の三つの頂点のようなものである。

 

◆「世界平和のために」ダライ・ラマ

ダライ・ラマの本はほとんど読んでいるのですが、この本は特に「空(くう)」という概念について、分かりやすく教えてくれた一冊です。
私という感覚が強ければ強いほど、私のという所有意識も強くなります。
だから、自給自足の独立した字がという確信をなくしていくことが重要なのです。
瞑想についてはただ瞑想するだけではなく、瞑想について考えること、勉強も大切だということも教えてくれました。

 

◆「ラッセル・シモンズの成功哲学」ラッセル・シモンズ

ラッパーでヨガをやっている人はいないと思っていましたが、この本を読んで世界的に有名なヒップホップ界の重鎮、ラッセル・シモンズもヨギだと知りました。
彼は「今という瞬間に生きる」というヨガ的な考え方の大切さを、平易な言葉で説いています。
そして、いちばん最後の章で銃の問題について述べています。
ヒップホップ界の第一線で活躍しながら、ヤマ・ニヤマ(禁戒・勧戒)というヨガの教えに即した生き方をしているんです。

 

人生いろんなことに迷うと思うけれど、読書で視野を広げておけば、よりよい判断ができると思います。
ヨガに関する本は、モチベーションを上げてくれますね。
自分が目指す場所に光を当ててくれる。

今回上げた3冊のほかに、「ヨーガ 本質と実践」もかなりおすすめです。
ヨガの基本から応用、呼吸法、瞑想、食事まで詳しく解説されているので、
生徒さんにも紹介しています。

サマディーや空、瞑想については、本を読んだだけでは本当に理解したとはいえないと思います。
やはり実践して、自分で体験することが大切ですね。

アーユルヴェーダの世界

私は本を通じてアーユルヴェーダの世界に触れ、素晴らしい人々に出会うことができました。
今はインターネットで本を購入できたり、電子書籍もありますが、書店では思わぬ出会いが待っています。

書棚にあるたくさんの本の中で、ひとつだけ釘付けになる本、熱を感じる本は、今の自分自身にとって必要な本だと思います。
良い本と出会う為には、完成を磨くことも大切ではないでしょうか。

そして、情報が溢れている現代では、本で得た知識を鵜呑みにするのではなく、自分で考えて本質を見抜く力を養うことも必要です。

 

◆「アーユルヴェーダのハーブ医学」デイビッド・フローリー/ヴァサント・ラッド共著

私がアーユルヴェーダの実際を知ったのは、「The Yoga of Herbs」という本を知人にプレゼントされたのがきっかけです。
その後、アーユルヴェーダの視察に、この本を持ってインドへ行きました。
根本はその日本語版。
アーユルヴェーダの基礎理論から、100種類ものハーブの薬効・治療法、ドーシャへの作用などが詳しく解説されています。
最初に読んだのが英文で調べながら読んだので、内容を改めて心に刻むことができました。
私にとって原点ともいえる本です。

 

◆「自我の終焉―絶対自由への道」J・クリシュナムーティ

インドの思想家、クリシュナムーティからは、スピリチュアルの領域で大きな影響を受けました。
自分の内面、人間とは何か、心について知りたいと思っていた時に手にした本です。
彼が過去に書いたものや講演の記録がまとめられているのですが、自分はどう生きたらよいのか、エゴや自我とどう対峙していけばよいのか、この本を通して考えることができました。

 

◆「アラビアの医術」前嶋信次

アロマセラピーのルーツを探る為にイランへ行った時ユナニ学やアラビア医学に興味を持ち、この本を読みました。
アラビア医学は治療に怒りの感情を利用するなど、アーユルヴェーダ医学とはまた違った面白さがあります。
最近、中国医学の本も読んだのですが、別の考え方を知ることによって、物事のつながりや全体像が見えてきますね。
つながりの糸をたぐりながら本を読んでいくと、物事の本質を見抜く力が培われると思います。

ヨガ哲学につながる3冊

◆「ガイアシンフォニー間奏曲」 龍村仁

映画「地球交響曲」を観た後に読みました。
風景写真と、宇宙飛行士、登山家などの体験談や対談を通して、自然と共生しながら人間らしくどう生きるかを学べました。
監督の龍村仁さんの視点はとても生き生きとしていて、魂の存在を意識して生きている方のように感じます。
特に好きなのは、登山家のラインホルト・メスナーの章。
人間は自然の一部であり、エネルギーの循環をよくすることがいかに大切かということを改めて思いました。

 

◆「ブッダ」全12巻 手塚治虫

紀元前6世紀、シャカ族の王族として生まれたブッダの一生を描いた漫画。
最後の12巻目に出てくる、ブッダが悟りを開く場面が一番心に残っています。
苦行の末に死にそうになったブッダは、スジャータという女性からミルクをもらって悟りを開きました。
苦行によってではなく、人の愛、慈悲の心によって悟りを開くことができたのです。
人はやはり、愛のエネルギーによって成長し、生きていけるのだと改めて思いました。

 

◆「心の扉を開く」 アイリーン・キャディ

「自分の中に平和を見つけなさい」、「この瞬間を大切にしなさい」
など、365日、1日1つの”聖なる日々の言葉”とその言葉の意味が書かれています。

神様は外にいるのではなく、自分の内側にいる。
自分と向き合い、真我の声に耳を傾けなさい、ということを教えてくれる本です。
タイトル通り、心の扉を開いて、自分自身で強く生きる方法を知ることができます。

 

この3冊は心のあり方や、どう生きたらよいかなど、生きる知恵が多く書かれていて、ヨガ哲学につながっていると感じました。

人も自然も、存在するものはすべてエネルギーがあります。
人は自然のリズムに即したエネルギーの流れを持っていますが、ストレスやエゴなどで滞りがちです。

私はヨガで、エネルギーの循環をよくすることを伝えたい。
この3冊を読み、”個”にこり固まらずエネルギーを循環させ、他に重いやることこそが本来の姿、”自然”であると感じました。
それは、生きる知恵なのです。

ヨガの考え方と通ずる点

街で書店を見つけると必ず入って本を物色してしまいます。

特に買いたい本がなくても、ふらっと入ってしまいます。
本は著者の感情や考えが一冊の中に込められているので、
書店は個性豊かな人々が集う場所のようですね。

最近、感銘を受けた本は「縄文聖地巡礼」。
装丁がユニークだったので思わず手に取ったのですが、
内容もとても面白かったです。
ヨガの考え方と通ずる点が多くありました。

本書では坂本隆一さんと中沢新一さんが「縄文」をキーワードに
日本各地を巡り、人間の原点を探っていく。

本文中にある「世界は3でできている」という言葉が、特に印象的でした。
現代社会は、なんでもあるないという2つに分けますよね。

でも、著者の2人は旅をしながら3を見つけようとしている。
二極化するほかに可能性としてどんな方向があったのか。
埋まっている部分を掘って、そこにどんどん潜り込んでいく。

物事はすっきりさせちゃだめなんだと(笑)
ヨガで得る気付きが、3の発見に通じていると思います。

 

◆「縄文聖地巡礼」坂本隆一・中沢新一

ちょうどヨガ指導者養成コースに通っている時に、はまって読んでいました。
物質社会において人間が作りだしたものを真っ向から否定するのではなく、
存在を受け入れた上で別の方向から見るという考え方に共感しました。

 

◆「自由へのスパイラルダンス」ホン・シンジャ

韓国の舞踏家、ホン・シンジャの告白録。
表現、舞踏、瞑想、体、死などについて、彼女自身の経験と考え方が綴られています。
彼女が嫌というほど自分自身と直面していくさまが、とても印象的です。
人間の本質を感じた一冊です。

 

◆「100の指令」日比野克彦

「走りながら後ろを振り返ってみよう」
「今日の気持ちを食べ物に例えてみよう」

などの100の指令が書かれています。
それらは一見、どうでもいいことに思えますが、
日常の中で私たちが見過ごしている好奇心を呼び起こしてくれます。

ヨガを始めるきっかけになった本

大学で美術を専攻していたあきこさんは、「仏教用語の基礎知識」を読んだことがきっかけで、

大学院で仏教とインド哲学を学ぶことになり、それがヨガを始めることにつながった。

 

「絵の世界は、見る人によって評価が異なります。真実はどこにあるのだろうと悩んでいた時期に、京都のお寺を巡って心を落ち着けようと思ったんです。仏教のことを知っておこうとこの本を読みました。ただ仏教の用語を解説している本ですが、読み終わった後、なぜかはらはらと涙が出てきたんです。今まで悩んでいたことが、取れていくように感じました。」

 

その後、本格的にヨガを始め、インドのアシュラムやヨーガ大学でも学んだ。

帰国後は、ヨガ的に暮らすことを常に考えていたという。

 

「私が考えるヨーガの目的は、自由で平和で幸せにいること。

それに反しない生活が、ヨーガ的に暮らすということだと思います。

自分のまわりにあるもので、見た時に心が乱れるようなものはヨーガ的ではないでしょう。

本を選ぶ時も同じです。見た目が光に満ちている、手にした時に心地よいと感じられる本は、

サットヴァ(純質)な本だと思います。

ヨーガを実践していると、自然とそういったものを選べるようになるのではないでしょうか。」

 

◆「さとりくん」五味太郎

仏教の奥深い世界のことが含まれた絵本。

ヨーガも仏教も、最終的には悟りをめざすもの。

この本を読んで「さとりくん」を目指そうと思いました。

本を開くといつも肩の荷が下りるような、ゆったりとした気持ちにしてくれます。

 

◆「FRANCESCO フランチェスコ」はらだたけひで

フランチェスコは、中世イタリアのアッシジに実在した聖人です。

この本は絵を見ているだけでも心が洗われます。

詩的な文章も素敵です。

日常に流されてつい忘れがちなことを思い出させてくれます。

 

◆「プレインアンドシンプル アーミッシュと私」スー・ベンダー

芸術家で、地位もお金もある女性が、キリスト教の一派、アーミッシュの暮らしを知ることで、

自分は何者であるか、そして豊かに生きることの本当の意味を見出します。

簡素にして、シンプルな生き方を知れる一冊です。